ショップライド#8 ライドレポート

こんにちは、シモムラサイクルズです。

11月12日(日)に『チャレンジ5000』『チャレンジ4000』を開催しました。
1日で獲得標高5,000m、もしくは4,000mを走ろうという坂好き(坂バカ)のための企画です。
通常のライドではまず走ることはない獲得標高で、しかも激坂です。
この企画を発表したときには、はたして参加希望者がいるのか、いるとしても少ないだろうと思っていましたが、前日までに申し込みがあったのは11名にもなりました。
シモムラサイクルズのショップライドではハードな企画ほど参加者が多い傾向があるようです(笑)

チャレンジ5000の参加者10名、チャレンジ4000の参加者1名、スタッフ1名で走ってきました。
最初から最後までほとんど平地がないコース設定。
天候には恵まれましたが、早朝のスタート直後から山に入り、日蔭の寒い場所が続く中、上ってると暑い、下りは寒いの繰り返し、ハードな坂を乗り越えてたどり着いたコースのクライマックス、五家原岳を下から一気に1,000mを上りきると汗だくの状態から一気に冷やされ凍えながらの下山。ただ、五家原岳を下り始める時間が遅くなり暗くなってきたことで参加者のみなさんにご了承いただき、コース変更。かやぜからダムに上らずに、大村34号線を通って嬉野に戻ることになりました。

落車やディレイラートラブルなどありましたが、みんな無事にシモムラサイクルズまでたどり着くことができました。
寒くてキツくて暗いハードライドでしたが、みんなで支えあうことで楽しく走り切ることができると実感するライドになりました。ある参加者の方々は「今日はきつかったけど、明日になって思い返すと楽しくなる」とおっしゃってました。
また、みなさんと一緒に走りたいです!

完走した後は、嬉野の「やきとり一竜」さんで打ち上げ。
人気の骨付きカルビはじめ美味しい料理でおなかいっぱい。身も心も温まりました。ごちそうさまでした。

 

以下、写真とともにライドを振り返ります。

▼まだ暗い時間から参加者のみなさんが集まってきます。
23559700_746672865533606_6402171626427373511_n

 

▼いつも通りみなさんが集まったところでライドの説明を行い、出発!4000に参加の方は後ほど合流するのでこの時点では10名の参加者のみなさん。みんなまだ元気いっぱい!
23473017_1731502310254391_8151528633987219291_n

▼まずは、シモムラサイクルズからすぐの不動山へ。スタート直後からハードな坂道が始まります。
23509115_1732776160127006_6722531665405387487_o

23509222_1732777280126894_568305606638937233_o

23456532_1732778486793440_8479937790595496787_o

23509305_1074531446023364_1392748698299341309_o

23472128_746672822200277_3966230011557191748_n

23435071_1731502636921025_8503800234137468118_n

 

▼山を下りて34号線俵坂を上ったあとで、コンビニで一休み。
ここで、チャレンジ4000の参加者と合流。
あれ、もう一人女性が?お連れさんかなと思ったら違うらしい・・・
挨拶をしてみると、福岡から来たらしい。
大きな荷物から九州一周するの?と聞くと、「はいっ!」という返事。
さらに話を聞くと、福岡に住んでるんじゃなくて茨城から来てて、10月からロード乗り始めて、バルーンフェスタに行けなかったから九州一周するんだと。小さくてかわいらしい女の子でしたが、末恐ろしいというか楽しみなローディでした。
23511436_1074531649356677_3500037323528063293_o

▼嬉野を一望できる立岩展望所へ上り
23519147_746672732200286_4397432523958722477_n

23559925_746672698866956_2296543930200104214_n

23561389_746672675533625_7878302063699558477_n

23434835_746672642200295_503233772863376027_n

▼キツイ斜度でまっすぐな坂が続き、心が折れそうになる吉田から広川原キャンプ場へ
23472899_746672622200297_6165364137515517854_n

23380047_1731503050254317_1152400668266040923_n

23472864_1731503140254308_5446692211121234942_n

23435166_1731504290254193_3573892070461771359_n

23473271_1731503593587596_8720301425502512788_n

23549965_1988340731404086_221416064556557870_o

23415556_1988341451404014_96645559871326621_o

 

▼キャンプ場から意外に遠くアップダウンの連続の道のり
23471983_746672525533640_4671196949970665384_n

 

▼長いアップダウンを抜け、いよいよ五家原岳。
ここまでキツい坂をいくつも越え、約100kmを走って疲れているはずですが、ここから一気に1,000m上るので気合いを入れます。ただ、無理はせずに山頂まで厳しい方は、途中の「かやぜ」への分岐点で待っていてもらうことにしました。といっても分岐点は山頂に近い場所にあるのですが・・・

23509400_1074535546022954_8094346355818194499_o

23509327_1074536289356213_364386509149117028_o

23509171_1074537386022770_6481381048795648730_o

 

▼そして頂上!
途中の写真は余裕がなくてありません(笑)
23435285_1731504806920808_7315209394996284775_n

 

▼早くついた方は寒さに震えます。山頂はすごく寒い!!
23379990_1731504730254149_613323726096303108_n

 

▼次々にみなさんが頂上に到着。到着したら大量にかいた汗がすぐに冷えて、凍えます。
23517439_1731505216920767_7320397928431007705_n

 

▼そんな中、五家原岳まで力を温存してきたこの方だけは「疲れた―っ」といってもまだまだ元気そうです(笑)
23380392_1731505276920761_5625258123990007694_n

 

▼親子で参加していただいた方も無事到着!
そして、真っ赤なTREKで参加の平坦屋女子も到着!
親子は共にフラットペダル、娘さんはなんと中学2年生!!
今回の過酷なライドでも、女子の若さとパワーさく裂でした!!!
23472334_1731505740254048_6618557942582950823_n

23435040_1731505773587378_3151925691934591214_n

 

▼ただ、分岐点に集合した時にはすでにうす暗くなり、設定コースを諦めて、時間的に最短ルートをとることを了承してもらいました。暗くてぐりぐりときつい下り坂を走り、かやぜに抜け、大村湾沿いを通り、俵坂を上って帰りました。
23621307_746672375533655_6676504849482422912_n

23434775_746672378866988_5648122201572314111_n

 

▼みなさん無事シモムラサイクルズに到着。
頑張ってポーズ取ってもらいました(笑)
23473010_1731506200254002_2119670163684831615_n

 

▼その後、みなさんと「やきとり一竜」さんへ。
お酒は飲めませんが、朝からずっとコンビニ食で、やっと温かくておいしい食事にありつけました!
骨付きカルビ美味しかった。ごはん待ってる時の写真でごめんなさい。
23561588_1731506376920651_4470336583036656290_n

 

▼最後に
今回参加されたみなさん、ハードな内容になることを承知で早朝から集まっていただき本当にありがとうございました!
また、今回は開催直前にチャレンジ4000の先導を務めるスタッフが身内の不幸で参加できず、スタッフ1名での対応となったことで、チャレンジ4000の参加者をはじめ、参加者のみなさまにご不便をおかけしたことと、想定より大幅に時間がかかり、暗い中の山道走行、コース変更をさせていただいたことをお詫びすると同時に、さまざまなご協力をいただいたことに重ねて感謝します。
今回のショップライドで多くの反省点と課題が見つかりました。今後のショップライドに活かし、もっともっと楽しいものにしていきますので、よろしくお願いします。
チャレンジライドに関しては、いいアイデアを思いつきましたので、次回にご期待ください!(来春予定?)

そして、参加人数の変更、時間が押して開始時間が遅れたにも関わらず、快く対応していただいた、やきとり一竜さん、大変お世話になりました。美味しくて大満足でした。ありがとうございました!

 

■写真提供:STさん、MDさん、FSGRさん

 

■「チャレンジ5000」参考記録(スタッフのもので参加者のみなさんより余計に走っていますのであくまで参考です)
走行距離⇒約165.7km 獲得標高▲5,209m